院長 私は日本体育大学卒業後、体育教師12年間、シャトーアスレティックジムのインストラクターを25年間、身体均整法を40年間研究して参りました。
その間スポーツ選手は勿論、ヨガ・エアロビクス・テニス・ジョギング・ゴルフ・野球・水泳等スポーツに親しんでいる人たちの中にも、身体の不調を訴える人、故障で悩んでいる人が意外に多いこともわかりました。

これは、「身体の歪みに関する認識がないため」と私には思われます。
身体の苦しみを訴え、病院で検査を受けても異常なしといわれた人は周囲に随分多くいます。

 病院を訪れる患者さんの75%は、「病人でない病人」といわれる人たちです。
このような人たちの不定愁訴の原因を運動系(骨格、筋肉、神経)の歪みや、姿勢・体型の歪みにあるとみて、身体均整法、常楽院内臓術、ストレッチ整体を用いて調整を致します。

 中でも身体均整法は故亀井進先生が集大成した手技療法なのです。
この中には日本古来の柔術活法、カイロプラテック、オステオパシーの骨格筋肉調整、スポンデロテラピーの脊髄神経反射、経路経穴反射の手法が含まれ、姿勢体型の歪みを調節することによって、健康を回復、維持していくことができるのです。

 直接疾病の治療を目的をするわけではありませんが、健康相談を受け、身体を調整して少しでも健康で楽しい生活をしていただきたいと願っております。 
どうぞ、お近くへおいでの折りは、ぜひお立ち寄り、お気軽にご相談くださればと思います。

現在の趣味

 スキー、ゴルフ、社交ダンスなどさまざまなスポーツ等に親しんできましたが、現在はもっぱら社交ダンスを楽しんでおります。週に4回ほど行っており、大会等にも参加しております。
70代でこうして元気に過ごせているのも、ダンスはもちろん、毎日のストレッチ、真向法なども良い影響があると思っております。

ダンス